兎村彩野|Illustrator / Art Director

60 years with miffy (図録)

先日、「誕生60周年記念 ミッフィー展」へ行ってきました。とても素敵な展覧会でした。Dick Brunaさんのファンとしてかなり状態の良い原画を拝見することができ、嬉しかったです。

今回の展覧会は会期が大変長く、2015年4月に銀座の松屋ではじまり、全国をまわって横浜にきていました。横浜は赤煉瓦での開催だったので素敵な雰囲気でした。

60-years-with-miffy_2

そのミッフィー展の図録がとくに素晴らしい本に仕上がっています。表紙は布張り。紙質、印刷技術、レイアウト、とてもキレイでバランス良くまとまっていて、手で持つだけで幸せな気持ちになる重みがあります。宝物本がまた1冊増えました。図録は祖父江慎さんがアートディレクションをされており優しい愛情を感じました。

60-years-with-miffy_3

幼い頃から親しんできたミッフィーちゃん。昔、母親が大判のミッフィーちゃんのバスタオルを買って送ってくれたことがありました。ずっとブランケットとして使っていたので、一時写真にはいつもミッフィーが写り込んでいました。そいえば実家のお茶碗もミッフィーちゃん、高校の時のお弁当箱もミッフィーちゃん。ミッフィーちゃんは友だちのような存在で暮らしの中に馴染んでいました。

現在、夫もDick Brunaさんのファンなので、夫婦暮らしの中にも、うさこちゃんはチラチラ登場します。ミッフィーちゃんとの付き合いはまだまだ長くなりそうです。

60-years-with-miffy_4

by
Illustrator / Art Director 兎村彩野。1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウトドアの絵を得意する。ドイツの万年質LAMY1本で描く「LAMY Sketch」が人気になる。
SNSでフォローする