兎村彩野|Illustrator / Art Director

手帳用コピックの管理アプリ『コピックコレクション』

手帳用のコピックが増えてきたら、色が似ている物や番号が多くて管理が大変になってきました。なにか良い管理方法はないかなぁと探していたら、オフィシャルからとても便利なアプリが配信されていました。

 

コピックコレクション
https://copic.jp/product/app/

 

 

全種類を表示出来るので、持っているペンをタップします。私は「コピックスケッチ」を集めているので「コピックスケッチだけを表示する」にしています。チャオなども選択すれば一緒に表示できます。キャップの形で分かりやすく並ぶので混ぜてもそこまで変な感じにはなりませんでした。

 

 

コピックスケッチ一覧を表示して、自分の持っているペンをタップ。所有を選択した状態。これで持っていると持っていないがすぐ分かるようになったので、お店でとても買いやすくなりました。

試し書きの紙が変わるだけで、アルコールマーカーは乾いた後の色がすごく変わります。「この色もっていたような、持っていないような….。」となるので、アプリで管理するのは便利です。

 

 

タブで切り替えると持っているペンのみが並ぶので、手帳を描くときはこの画面に切り替えて色選びをしています。「所有」と「全て」で切り替えられるのはとても好きな機能です。

 

 

仕事中に「あ〜この色が必要だ。」「ライナー潰してしまった〜!」となることがたまにあります。コピックは文具屋さんでお取り扱いがないことが多いので(画材扱いのお店が多いため)買える店舗がすぐ見つかり、さらにさっと電話ができます。店舗に在庫があるか確認でき、あれば買いにいけるのがすごく助かります。

駅名検索などは土地勘がないと難しいので、GPSを拾って自分の位置情報から近い店舗が地図上でみえるようにしてくれているのがありがたいです。

 

無料でこんなに機能充実で、すばらしいアプリ。コピックのかぶりがなくなって嬉しいです。

by
Illustrator / Art Director 兎村彩野。1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウトドアの絵を得意する。ドイツの万年質LAMY1本で描く「LAMY Sketch」が人気になる。
SNSでフォローする