兎村彩野|Illustrator / Art Director

プラクリティのカレーセット

鵠沼海岸生活も気付けば3年が経とうとしています。生活の必要な物は2駅隣の藤沢駅へ買いに行くことが多いです。大きな駅でターミナルの機能があるので、デパートや専門店も多く助かっています。

夫と本や画材や生活必需品の買い出しをしたあと、よく食べに行くのが「プラクリティ」のカレーです。月2〜3回は行ってるでしょうか?

 

curry2

 

絶品に美味しいとか、食べログがすごい!とか、そういう基準ではなく、居心地がいいというのが通っている理由です。テレビがついていて、だらだらバラエティーやNHKの歴史番組なんかをみながら注文したカレーを待ち、買ったばかりの漫画をペラペラ読みながら、夫となんでもない会話をする。その時間が全部ちょうどいいカレー屋さんです。

ほとんどテレビをみない暮らしをしているので、テレビが付いているお店でぼーっと見ているのが好きです。居酒屋や大衆食堂のカウンターでぼーっとしているも好きです。

外で働く仕事ではないので、なかなか二人でランチへ行く機会が少なく。なので短パンTシャツにサンダルで「ランチへ行く」というのは、日々のちょっとした楽しみです。

何事においても、星の数や点数より「ちょうどいい」という選択基準があってよいのかなと思っています。そういうお店に出会うと嬉しくなります。

ちなみにすぐ近くにTSUTAYAがあるのでDVDを借りる日も返す日も、カレー曜日の確率が上がります。

 

プラクリティ
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14050596/

by
Illustrator / Art Director 兎村彩野。1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウトドアの絵を得意する。ドイツの万年質LAMY1本で描く「LAMY Sketch」が人気になる。
SNSでフォローする