兎村彩野|Illustrator / Art Director

若かった私へ、夢を叶えておきました。イラストレーションファイル2019。

若い頃、玄光社の『イラストレーション』という雑誌を愛読してイラストの勉強をしていました。当時の私にはちょっと価格が高めの雑誌なのですが、親が「勉強になるからいいよ」とこまめに買ってくれました。

この雑誌には1年1回、『イラストレーションファイル』という日本国内にいるプロのイラストレーターさんを選出して1名1頁で掲載する本を出版しています。この本を毎年楽しみにしていて「こんな人がいるのかぁ。」「この絵好きだなぁ。」「うまいなぁ。」「まだまだ勉強と練習しなきゃな。」と一喜一憂しながら眺めるのが大好きです。

北海道の田舎の片隅で、大活躍する全国のイラストレーターさんを一度にたくさん見れるというのは私には夢のような世界でした。世界にはこんなに絵の仕事があるのかとワクワクしました。

 

どうしてもこの『イラストレーションファイル』に載りたかったので、ある時、勇気を出して編集部に電話をしたことがあります。編集部の方が親切に答えて下さり「自選がないので、編集部からお声がけさせていただいております。」と、掲載の仕組みを教えてもらえました。

 

なんとなくですが、その電話の後、編集部の方が優しく対応してくださったこともあり「いつか載るまで描いてみよう!」と、イラストを描いていく目標になりました。

 

 

高校在学中の17歳でプロになりました。夢を叶えてイラストレーターになったわけではなく、たまたま偶然、職業が私のところへやってきたという感じで、そのやってきた職業と握手してそのまま受け入れた人生でした。

イラストに対して「目標」みたいなものがなく、日々丁寧に仕事するくらいしか大事にしている事がなかったので「イラストレーションファイルの年鑑に載る」という目標はとても嬉しい出会いでした。

 

私の場合ですが、イラストレーターという職業は、自分の暮らしも生き方もにじみ出てしまうし、絵を描いている時間は心が裸の状態で、装うことがあまりできません。知識も経験も考え方も気分もすべてが出てしまう仕事なので、毎日毎日ただただ地味に、自分が正しいのではと思うことを改良しながら繰り返す仕事です。

派手さもなく、繰り返される24時間。自分で自分を受け入れてイラストレーターとして生き続ける。秀でている部分も劣っている部分も、自分はすべて分かっています。嘘がつけない状態なので、分かっている状態を素直に受け入れる職業。

絵が上手いとか下手とか以上に大変だなぁと感じるのは、この「受け入れて生き続けること」でした。気分が落ち込んでもすごく幸せな日も、締め切りはあり、締め切りの向こうにたくさんのお客さまがいます。届けられるなら、なるべく幸せを届けたいので、自分の気持ちも生き方も常に気を配らないといけない。自分を大事にすることも仕事のひとつでした。

イラストレーターは他人の幸せのために描き続けます。そういう仕事です。

 

その長い長い時間をなんとか生き続けたら、辞めないでここまでこれました。

 

気付けば20年以上イラストレーターをしていますが、先日ついに掲載検討のメールが来まして無事に『イラストレーションファイル2019』に載ることができました。嬉しいです。

 

 

 

若かった私へ。

39歳の私ですが元気にやっています。

無事に夢を叶えておきました。

君はこの先、色々なことがあるけど。

あの日、偶然出会って握手したイラストだけは辞めないんだぞ。

君が生涯をかけて友だちになる仕事です。握手してくれてありがとう。

 

たっぷり自慢しようと思います。

 


 

 

イラストレーションファイル2019
玄光社
¥ 2,160
イラストレーター886人の仕事ファイル本書(上巻)には、あ〜さ行の442人を収録。
さまざまなメディアへ、“イラストレーション”という可能性を届けます。
作品は主に広告や書籍など実際世に出た形で掲載されており、連絡先・略歴・制作スタッフクレジットなども見やすく整理されています。巻末には、検索に便利なアートディレクター別の「AD INDEX」も掲載。(Amazonより引用)

Amazon:https://amzn.to/2Ow8Swc

(私は読み仮名が「う」なので「上巻」に掲載されています)

 


 

自分のページを自由に配布してOKなので
欲しい方はPDFをどうぞ。

ダウンロード

by
Illustrator / Art Director 兎村彩野。1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウトドアの絵を得意する。ドイツの万年質LAMY1本で描く「LAMY Sketch」が人気になる。
SNSでフォローする