兎村彩野|Illustrator / Art Director

Rollbahn(ロルバーン)のテンプレートで手帳を描いてみよう

かわいくてキレイな色の手帳用文具を見つけました。Rollbahn(ロルバーン)の「テンプレート」です。

タテ7cm × ヨコ10cmほどの小さなプラスチックプレートなので手帳道具と一緒に保管したり、手帳カバーのポケットに入りそうなサイズ。透けているクリア素材なので下の絵が見えて描きやすいです。

 

 

何種類か発売になっていましたが、店頭で確認してこちらの3点をチョイス。色分けされているので、使い勝手がよく、作業もしやすかったです。大きな数字や小さな数字は日付やページ数にちょうどよく、吹き出しなども小さいので、ページの端っこにちょこっと描くと、かわいく仕上がりそう。

 

 

テンプレートの溝との相性をみたかったので、コピックのマルチライナー0.3とコピックで手帳を描いてみました。いつもの3色塗りで仕上げています。

 

【使ったペン】

  • コピックマルチライナー 0.3(ブラック)
  • コピックチャオ E71(シャンパン)
  • コピックチャオ B45(スモーキーブルー)
  • コピックチャオ Y17(ゴールデンイエロー)

 

0.3のペン先がプレートの溝に気持ちよく入ったのでとてもオススメです。

色々なペンでためしたら、サインペン系はインクがたまって伸びてしまうことがありました。ボールペンはメーカーによってガタンとなりやすいモノもありました。万年筆はニブが大きくて入れにくいかもです。ライナー系のペンの細いペン先の設計と相性が良かったです。

 

 

テンプレートの☆5個の部分ですが、ラインを描いて、コピックで☆に色を塗ると、評価をキレイに作る事ができました。映画や本、食べ歩きなど、手帳でレビューを書いている人にはとても便利。手書きだと☆のバランスが毎回かわるのでテンプレートで揃えちゃうのはいいかも。

 

 

小さいアイコン用のイラストも充実で、車や音符、ショッピングマークなど、手帳のマンスリーでちょこっと使えるものが多いです。線画のままでもかわいいし、色を塗ってもかわいい。

お天気の記号も揃っているので、天気のキロクを手帳に付けている人にもよいかも。

 

 

テンプレートの縁が、大きなかっこを描けるようになっていて、これが今回の一番のお気に入り。意外とこの「かっこ」を揃えてきれいに描けるツールがないので、気に入りました。

 

 

小さなリボンや籏も使いやすかったです。タイトルの端っことかにちょこんと入れると、かわいいし、記念日を描くのにもちょうどいいかな。

 

オマケ。

「Rollbahn」というかっこいい名前なので、海外のブランド(ドイツっぽい)のように感じますが、日本のDelfonicsが作っている文具です。なんとなく意外な感じが好き。

 


 

▶ Rollbahn(ロルバーン)テンプレート
https://amzn.to/2FqHmyy

Amazonに4種類ありました。私のは「クリアオレンジ」「クリアブルー」「クリアイエロー」です。

 

by
Illustrator / Art Director 兎村彩野。1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウトドアの絵を得意する。ドイツの万年質LAMY1本で描く「LAMY Sketch」が人気になる。
SNSでフォローする