兎村彩野|Illustrator / Art Director

ユニボール シグノのブラウンブラックで仕上げる万年筆風手帳

万年筆に茶色のインクを入れて使うコトがありますが、手帳を書くときにインクがとけてしまうので、似たような雰囲気にならないかなぁとペンを探していたらSignoの濃いめのカラーペンが、万年筆の極細と結構似たニュアンスだと気付きました。

今回は『 ゲルインクボールペン ユニボール シグノ 極細 0.38mm ブラウンブラック』をベースに描いてみました。

 

ユニボール シグノ 極細 0.38mm
https://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/gel/signo_cap/signo/um_151.html

 

 

Signoのブラウンブラックは乾くとかなりブラック寄りになるようです。カラーはTombow ABTをあわせましたが、ほぼ滲みがないので(少し滲みはするんですが、味に感じるレベルでむしろちょっとかわいいという感じ)問題なく使えると思います。

 

 

ドアップで明るく撮影しても、ブラウンはブラックに近く見えます。文字や線画が見やすいので、喫茶店のような印象。アンティークっぽさを出すにはもう少し明るいブラウンでもいいかなと思いました。赤味が強いので、銅や錆のような感じです。

Signoのブラウンブラックに茶系のペンを合わせると色の馴染みが良いので、仕上がると茶色いインクの万年筆で描くときのような落ち着いた色味に仕上がりました。Signo + Tomboe ABTは相性よさそうです。

もしかすると、ブラウンブラックより、ただのブラウンの方が、よりインクっぽい感じに仕上がるかもなので、今度ブラウンでも描いてみます。

by
Illustrator / Art Director 兎村彩野。1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。17歳でフリーランスになる。子ども向けの絵(NHKおかあさんといっしょの「黒ネコダンス」や「ながぐっちゃん」など)や女性向けの絵、アウトドアの絵を得意する。ドイツの万年質LAMY1本で描く「LAMY Sketch」が人気になる。
SNSでフォローする