Instagram Instagram Instagram Instagram

左利き用万年筆『 LAMY safari LH 』

左利きの方が万年筆を使うと「どうも描きずらいなぁ」と感じるコトがあるそうです。たしかに左利きの人に書いている所を見学させてもらうとカリカリと引っかかる音がします。

そんなある日、LAMYで見つけたのが「左利き専用ニブ」でした。

 

LAMYのsafariにはEF(極細)、F(細)、M(中)、B(太)と太さの種類がありますが、左利き用はLHといいます。SNSで8月13日が「#左利きの日」と言うのを知り購入しました。

 

私は右利きで描き比べができないので、左利きの方に描き比べをしてもらいました。LHのニブの線の太さはFやMに近い感じ(中間くらいかなぁと感じました)がします。

 

 

ニブにはLHという刻印。私も初めて見ました。ちなみにLHはレフトハンドという意味なんだそうです。

 

 

LHといつも自分用で使っているEFでぐるぐるを描いてもらうと、最初はあまり分からなかったようなのですが、途中から「あれ?あれ?」と。尋ねてみると「LHだけ引っかからない。確かに書きやすいかも。」と不思議そうな顔をしていました。

 

しばらく試し書きをしてもらったら、LHのインクが馴染んできてどんどん描きやすくなってきたようで、試しに漢字を書いてもらいました。「不思議。ひっかからないし、するっと書ける。」とのこと。すっかりお気に入りになったようです。よかった。

 

ちなみに日本でLAMY safari LHを保証書付きの正規品を購入する方法ですが、お取り扱いがほとんどないのでLAMYへ直接お問い合わせになります。

 

左利きの方への贈り物に「左利き専用の万年筆」はとてもオススメです。LAMY以外にも各メーカーで製造しているそうなので、専門店で相談するとお取り扱いがあることも。ぜひお試し下さい。

 

by
Illustrator / Art Director 1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にイラストレーターとして活動を開始。シンプルな暮らしの絵が得意。愛用の画材はドイツの万年筆「LAMY safari」。