Instagram Instagram Instagram Instagram

文具や万年筆のメンテナンスにオススメのハーフ雑巾

ワークショップをしていると、メンテナンスの質問を良く受けます。

万年筆を洗浄してメンテナンスするレッスンや、カラーインクの筆の水切りなど、意外に雑巾が必要な場面は多いです。

 

 

私の場合ですが、万年筆や文具のメンテナンスでは綿の雑巾は使わず、繊維屑の出にくいマイクロファイバー雑巾を使っています。万年筆は繊維屑と相性が悪く、糸くずがインクにくっついて、インクが伸びてしまう原因にもなります。

何年か前に作業雑巾をマイクロファイバー雑巾に変えてみました。快適になったので、ワークショップの雑巾もすべてマイクロファイバー雑巾にしています。

 

 

最近愛用しているのはダイソーのハーフサイズの雑巾です。100円で5枚入り。小さいので洗いやすくすぐ乾きます。収納の場所も取らず。2つに折ればさっと水拭きも出来るし、広げれば道具置き場にもなります。何度か洗って使いますが、インクの汚れが落ちなくなったら気軽に交換します。

文具のメンテナンスにはちょうどいいサイズ。手が小さいので絞りやすいのも気に入っています。新品の綺麗な雑巾の何枚かは洗い終わった万年筆やスポイトを置くのにも使っています。

 

ちょっとしたメンテナンスで文具や道具は快適に使えます。

 

万年筆の使い方やメンテナンス方法を写真付きでご紹介している本を執筆しました。なぞり書きBOOK付きなので、お手本に紙を重ねるだけで簡単にイラストが描けます。もしよろしければ手にとっていただけると嬉しいです。万年筆初心者の方に特にオススメの本です。

『万年筆ですぐ描ける!シンプルスケッチ』本を解説します

 

by
Illustrator / Art Director 1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にイラストレーターとして活動を開始。シンプルな暮らしの絵が得意。愛用の画材はドイツの万年筆「LAMY safari」。